<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> Moms Across Americaブログ

ブログ

モンサントのメール:「話す」だけではありません

衝撃的なモンサントの電子メールは、暴力的で女性嫌いな精神性を明らかにし、子どもの健康を完全に無視します 

Zen Honeycuttによる記事、アメリカ中のママ8月 29, 2019ミッションヴィエホ、カリフォルニア州- モンサントトライアルから明らかになった新しいメール 7月に法律事務所Baum、Hedlund、Arestei、およびGoldmanによって公開記録に掲載されたモンサントの文化に対する不穏な視点が示されています。によるメール交換の焼Inc語 ダン・ゴールドスタイン、 モンサントの主な医学とアウトリーチ、著名な科学研究員および小児科医、 ブルースシャシー、イリノイ大学の教授、および ウェインオウム から ジョージア大学 言葉を含めて、 「愚かな母親」 そして  “そこにあります。それがあなたの敵です。それらからたわごとを打つと守備にそれらを置くと、この問題は発生しません。」 

メール交換は「 モンサントへの公開書簡」 消費者グループのママズアクロスアメリカから2013の独立記念日のパレードの前に化学会社に送られ、GMOに関する教育的アウトリーチのためにパレードに参加しました。メール交換は、私たちの消費者グループからの健康告発に対する明確な苦痛を示しています...不吉な結果を予測しています: 私たちは、企業のロードキルに向かっています。」 ゴールドスタインは正しかった。彼はもはやモンサントに雇用されておらず、モンサントはバイエルに買収されています。

続きを読む
1反応 シェア

ゼネラルミルズは、人間の健康と環境の利益のための大きな変化を発表しました

8月 20, 2019

小麦農場ウエスタンプロデューサー 報告 マニトバ州のレッドリバーバレーの農家は、チェリオスアンドネイチャーバレーのメーカーであるゼネラルミルズが、持続可能性プログラムの農家に、収穫前に作物の乾燥剤としてのグリホサートの使用を中止するよう要求していると述べています。 

続きを読む
1反応 シェア

新しいモンサント紙は、母親に対する会社の態度を明らかにします…..

プレスリリース

Baum Hedlund Arestei Goldmanは、カリフォルニア州オークランドのju審員によって最近2十億ドル以上の損害賠償を与えらたモンサントに対する訴訟の原告を代表する法律事務所であり、8月 15, 2019の裁判から機密解除文書を発表しました。

3月 1 と7月 22 で指定が解除されたモンサント紙のとてつもないバッチの中には、Dr。Daniel Goldstein、Wayne Parrott、Bruce Chassyの間の一連の電子メールがあります。 1週間、彼らからs ***を打ち負かし、明らかに負けたと主張します。私たちは母親を打ち負かしたと見られたくありません、とにかく誰もそれを聞かないでしょう。それに対してシャシー博士は「母親は愚かな母親であってもbeatることはできませんが、その手紙にお金を払って書いた有機産業を打ち負かすことはできます。少し想像するだけで楽しくすることもできます。」

Screen_Shot_2019-08-31_at_11.02.58_AM.png

「モンサントのメールの女性嫌いで暴力的な言葉は衝撃的ですが、私は驚くことはありません。モンサントの「Let Nothing Go」キャンペーンによると思われる他の多くの攻撃とともに、私は何年もの間オンライン攻撃を経験しています。しかし、本当に厄介な問題は、少数の男性の不安な行動ではなく、バイエルと連邦政府がラウンドアップとグリホサート除草剤の販売と使用を継続することにより、公衆衛生を完全に無視し続けているという事実です。 

-Zen Honeycutt、活動家、アメリカ全土のママの創立エグゼクティブディレクター

続きを読む
2反応 シェア

健康的なパックされた学校給食の簡素化:アレルギーのお母さんからのヒント

息子が生後わずか6ヶ月のときに深刻な食物アレルギーを知りました。彼がパンのほんの一口に引き起こされた数時間の腫れと嘔吐にさらされたとき、後で知った症状は小麦に対するアナフィラキシー反応の一部でした。その後の数年間は、他の食物アレルギーと不寛容の全リストを徐々に学びながら、制限食への短期集中コースでした。娘がわずか2週齢で嚢胞性線維症(CF)と診断されたとき、私たちの生活はさらに複雑になりました。 CFは肺と膵臓に影響を与える遺伝病であり、突然、ある子供のアレルギーの要求と別の子供の医学的治療に圧倒されていることに気づきました。

続きを読む
あなたの反応を追加 シェア

5 G汚い電気...私たちは皆コモディティ化されています

2017で、アメリカ中のママたちは長い 記事 カミラ・リース、国立科学・法・公共政策研究所のシニア・ポリシー・アドバイザー、ElectromagneticHealth.orgおよびManhattanNeighbors.orgの創設者。 「部屋の無線象」と題されています。その中で彼女は、転換点の前に目を覚ますように促しました。

生物学と健康への影響、病気へのリンクだけでなく、発達不良の自己価値やその他の影響などの心理的影響を含む、無線技術による私たちの生活と未来の世代への重傷が知られる日が到来します、強迫行動、依存症、隔離など。私たちはトレッドミルのネズミのように条件付けられており、ますますテクノロジーに夢中になり、薬の服用をやめることができなくなりました。多くの子供たちは、ノンストップ宇宙に縛られていない可能性のある生の質を知らなかった。自然界やコミュニティと深く結びついていて、人工電子機器とはつながっていないとき、彼らは平和や完全な静止状態で可能な安全感覚と内なるガイダンスを知りません。

続きを読む
1反応 シェア

培養食品で体を解毒する多くの方法

からの許可を得て転載 culturefoodlife.com

私は自分の微生物が大好きで、彼らが私のためにしてくれます。私の100兆個の微生物が私のためだけにやっている新しいことを発見しないのは一週間も経たない。私は以前、肝臓が細胞の損傷や免疫系を弱める可能性のある何百もの有毒化学物質や余分なホルモン(エストロゲンなど)を含む体内の化合物のフィルタリングと除去を主に担っていると考えていましたが、これは話の半分にすぎません。腸内のバクテリアは、身体が受ける解毒作用の50%の原因となりますが、適切な微生物とそれらの多くがなければ、彼らは仕事をすることができません。だから、バクテリアはあなたを解毒するために何をしますか?

If you are looking for a more immediate detox solution, check out Primary Detox which is Gold Standard approved! 

続きを読む
1反応 シェア

8月-夢の月

8月は一般に夏の最後の月と見なされます。暑く、しばしば怠け者であり、私たちの多くにとって、夏の楽しみから新学期への移行を行う時期です。しかし、8月はマーティンルーサーキングジュニアが彼の「I Have a Dream」スピーチで何百万人も刺激した月でもあります。 8月 28, 1963で、キング博士はあらゆる色、年齢、背景の人々の海の前に立って、すべての人々の自由に対するビジョンを共有しました。それは彼がそれを届けた日であったように今日参照され、尊敬されているスピーチです-そして、間違いなく、世界中の何百万人も自分の夢を持っているように刺激しました。

「あなたは私が夢想家だと言うかもしれません
しかし、私だけではありません
いつか参加してくれるといいな
そして世界は一つになります"

- ジョン・レノン

続きを読む
2反応 シェア

アメリカ中のママたちは、米国農務省にGMOの規制、生命と米国経済の保護を求めています

 これは私たちの300番目の記事です! 

うわー!この信じられないほどの旅にご参加いただきありがとうございます!

GMO規制に関するUSDAへのコメント
Zen Honeycutt著、ママズアクロスアメリカ
8月 2, 2019  


このコメントの言葉は、部分的には食品安全センターに帰属し、部分的にはアメリカ中のママ(斜体)に起因しています。

新しいGMO規制は、以下の方法でアメリカおよびその他の国を脅かしています

健康:

連邦政府の医療費は2018で 3.5兆を突破しました。食物は私たちの健康の最も影響力のある要因です。アメリカの食べ物は有毒であり、私たちを病気にしている。倒産する可能性があります。

続きを読む
あなたの反応を追加 シェア

Open Letter to International Presidents and Consumer Groups


Dear Presidents of Countries That Import USA Crops and Consumer Groups,

The mothers and families of the USA need your international help. Trump has signed an executive order prompting USDA policy change to allow GMO companies to self-determine if their GMO innovations pose a "plant pest" risk and therefore need to be regulated by our USDA or not. No mention of harm to humans or life on the planet. These GMOs - herbicide tolerant, BT Toxin, gene drives and CRISPR - with thousands of genetic mutations, will be exported to your country and/or other crops will likely be contaminated by their pollen or seeds. Your people, our people, will be a part of a continued global experiment whose results are only known when our young are sick and dying...which is already happening.

続きを読む
4反応 シェア

Tell the Government to Regulate -and BAN- GMOS!

Thousands of us dedicated our lives to getting GMOs labeled. We thought we were being reasonable and that our government would listen to us. Our previous administration did not. GMOs are still not labeled, and they remain in our food unseen, without warning, and with thousands more in the pipeline.

Now our new administration has signed an executive order that GMO companies will be able to self-determine whether their GMO should be regulated or not. These are the same companies that brought us DDT, PCB's, Agent Orange, and Glyphosate. The same companies that poison the paradise of Hawai'i, that refuse to pay the fees justly award to cancer patients in need of care due to the use of their products, and the same companies that have been found to be ghost writers of "scientific" studies showing that glyphosate is "safe."

These are the people our government trusts to put safe chemicals and genetically modified species in our marketplace, our towns, and our bodies. We do not agree that this is safe. In fact, we believe this is dangerous, corrupt, and criminal. They know that GMOs and chemicals like glyphosate can cause harm and they are allowing this anyway. Or do they? Are they seeing only the industry science and hearing from chemical company CEOs with big donation checks?

続きを読む
1反応 シェア

ここでフォローしてください

日本語EspañolEnglish