<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=337111513811540&ev=PageView&noscript=1" /> モンサントの総まとめがベビーフードに発見-アメリカ全土のママ

ベビーフードで見つかったモンサントのまとめ

12月 11, 2018

Screen_Shot_2018-07-30_at_6.32.21_PM.png中国政府は、彼らが食品輸入におけるグリホサート残留の下限。穀物は特にグリホサートのレベルが高く、その影響が私たちの最も脆弱な人々に損害を与えることが示されています。

Moms Across America announces that the baby food samples tested were positive for residues of glyphosate when the baby foods contained grains such as rice, wheat, or oats. Baby foods that contained only fruits and vegetables did not. Eight different conventional baby foods from two top brands, Gerber and Comfort for Baby, were tested by Health Research Institute labs in Iowa, with the “gold standard” HPLC MS/MS methodology. The levels found in the foods with grain as part of the ingredients averaged 14.3 parts per billion, which is 143 times higher than the amount that is allowed in EU drinking water. At-home testing on Gerber Oatmeal and Apple Toddler Cereal revealed that glyphosate levels between 50-200 ppb. Oats are commonly sprayed with glyphosate as a drying agent so most conventional oat products are expected to have similar levels of glyphosate.

グリホサートは、モンサント/バイエルが製造するラウンドアップで宣言されている有効な化学成分です。 最近のジョンvモンサントju審裁判 「悪意と抑圧」を含むすべてのアカウントでモンサントが有罪であると判断しました。つまり、同社は自社の製品が癌を引き起こし、情報を抑制する可能性があることを知っていました。

グリホサート 切り上げする 、特許取得済みの抗生物質です。いかなる量でも離乳食に含まれることは許容されません。赤ちゃんの微生物叢は生後数年で発達し、これからの生命の免疫システムの基礎を築きます。グリホサート缶 生体蓄積する であることが示されています 神経毒性 そしてへ がんの発症を増加させる 。両親が赤ちゃんを保護し、グリホサートとすべての有毒化学物質への暴露を可能な限り減らすことが重要です。 Moms Across Americaは、ベビーフード製造業者がこれらの発見に留意し、何らかの理由でグリホサートを散布していない穀物の調達に慎重であることを望んでいます。

あるいは、 オーガニック 他の組織でテストされたベビーフードとバイオダイナミックブランドには、グリホサートの定量化可能なレベルまたは検出されたレベルがありませんでした。

Screen_Shot_2018-12-11_at_6.41.22_AM.pngキース・ロウの ホワイトリーフ条項 製品をテストし、結果をアメリカ中のママと共有するイニシアチブをとったバイオダイナミックなベビーフード会社は、次のように述べています。 committed to providing safe, glyphosate and synthetic chemical-free, nutrient-dense baby food. Our baby food came as ND (Not Detected) meaning it was below the limit of detection which is a direct result of the biodynamic farming practices behind all of our products. Biodynamic is the gold standard of organic and regenerative farming. Our farms replace all synthetic chemicals with natural compost and herbal sprays. We urge all food manufacturers and consumers to work together to have the EPA ban glyphosate to help restore biodiversity, regenerate the soil and heal the planet that our kids will inherit.”

Biodynamic is a good choice to not only avoid glyphosate but for better nutrition as well. As explained in a report published in 4月 2011 in Scientific American. Compared to conventional produce, biodynamic fruits and vegetables contain 13 percent more potassium, 7 percent more phosphorus, 20 percent more sodium, 7 percent more calcium, and 34 percent more iron, according to a study published in 1999 in "Biodynamics."

In the past, food manufacturers have claimed, that glyphosate levels in food were lower than the EPA allowable levels and therefore not a concern. Recent science has shown, however, that levels below the EPA allowable levels, caused serious harm in independent animal studies. One study by Antoniou et al. showed that glyphosate-based herbicides caused non-alcoholic fatty liver disease in rats at ultra-low levels, comparatively far below levels allowed in our food. Another study by Miles et al. released in January of 2018 showed that when pregnant rats consumed low levels of glyphosate not only did they have infertility issues, but the second generation of their young did as well. Glyphosate herbicide formulations have been shown by Seralini et al. to be endocrine disruptors, causing sex hormone changes even at minuscule amounts, in the parts per billion. Concerned parents are wondering if these chemicals are affecting animals this way, what are they doing to our children?

Screen_Shot_2018-12-11_at_6.41.32_AM.png30か国以上 禁止しました または グリホサートの使用を制限。 8月 2018で、 ブラジルはグリホサートを禁止。同じ月、 オーストラリア大麦工場 は、グリホサートを散布した穀物と非グリホサートを散布した穀物を分離することを発表し、実際に明確な選好の変化を示しました。数週間前に、カナダの小麦生産者協会は、 「Keep it Clean!」キャンペーン、 小麦生産者にグリホサートの乾燥剤としての散布の実施を中止するよう奨励し、グリホサートが食品製造業者によって拒否される可能性があることに留意する。 イタリアの輸入業者 have cut backorders of glyphosate-sprayed grains, in response to an outcry from Italian consumers who do not want weed killer in their pasta, pizza, and bread.

Oat NewsletterのキュレーターであるCharlene Wight氏は、「グリホサート除草剤は収穫前に乾燥剤として使用するためのラベルが付けられていない」と述べました。収穫前。彼女が共有した声明は、カナダの工場がグリホサートを散布したオートムギをもは受け入れないことも指摘している。 穀物の品質の低下。

この新しい情報、ベビーフード中のグリホサートの発見、ママズ・アクロス・アメリカは、オート麦、米、小麦、およびすべての穀物生産者が、世界中の消費者がグリホサート汚染食品を望んでおらず、グリホサート除草剤などを望まないことを認めることを望んでいます食用作物に何らかの理由で使用される毒素。特に、未発達の肝臓と腎臓のために単純に赤ちゃんに与えられる作物ではありません。 解毒する能力がない 完全に発達した大人のやり方。

2014で インタビュー 国際有機農業運動連盟(IFOAM)のアンドレ・ルー博士は次のように述べています。

Screen_Shot_2018-12-11_at_6.41.40_AM.png「子供たち、私たちが思春期までの新生児、新生児、成長した子供たちについて話すとき、彼らは私たちが大人として持っている肝臓に解毒酵素を持っていません。特に幼い子供にとって、それは彼らが最小量の農薬や化学物質を解毒する方法がないことを意味します。」母親

消費者は、農家の利便性と化学会社の利益ではなく、将来の世代に利益をもたらす農業と食品製造の選択をする時だと言います。健康な赤ちゃんがいなければ、私たちの国の健全な未来はありません。連邦政府の医療費は $ 1.5兆、 軍事費よりも高く、行動を起こしていない政府は、食料供給、アメリカ国民、特に赤ちゃんに対する毒性の暴露を減らし、終わらせるために今すぐ対策を講じるのは、農家と食品メーカーの責任ですと子供たち。

アメリカ中のママ 501 c3非営利団体であり、そのモットーは エンパワードママ、ヘルシーキッズ。

Screen_Shot_2018-12-11_at_8.34.27_AM.png


最初にコメントする

アカウントを有効にするためのリンクについては、電子メールを確認してください。

連絡する

日本語EspañolEnglish